ABOUT US

会社概要

美しくすることは人を幸せにすることです

私どもシバヤマ美容室はマークのSHIBAYAMA 1895が示す通り、
創立は1895年(明治28年)です。
120年の歴史を数える伝統を持っておりますが、古きのみを大切にしているのではありません。
「伝統と開拓」。これが私どもの会社のモットーです。
美容を通じて世のために役立つことに私どもは喜びを感じています。
私どもは美容を天職と感じ、社会のためになることを至上の使命といたしております。

企業名
株式会社芝山みよか美容室
代表者
代表取締役 小守谷 枝三代
創業
1895年(明治28年)7月18日
設立
1950年(昭和25年)7月26日
従業員数
150名
所在地
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-25-8
 神宮前コーポラス910
電話
03-3486-1895(代表)
FAX
03-3486-1897
事業内容
・トータルビューティーライフをクリエイト
 するヘアサロン、エステティックサロン、
 キッズサロンの経営
・結婚式場内ブライダルサロンの経営
・出張ヘアメイクアーティストの派遣
・化粧品の販売

沿革

1895年(明治28年)
芝山兼太郎は横浜山下町103番に「日之出軒」の名称で理髪店を開設。
これがシバヤマ美容室の誕生です。
1897年(明治30年)
横浜山下町32番に「パレス・トイレット・サロン」と名付けた、理髪部と婦人部を持つサロンを開設。
これが日本に於ける美容室の始まりとなりました。
1905年(明治38年)
芝山兼太郎は米国人Dr.W.キャンブルーからフェイシャル・マッサージの教えを受け、キャンブルー式フェイス・マッサージとして営業を始めました。
しかし、“マッサージ”の名称を使用したため、マッサージ業者から無免許であるとの抗議で、自らマッサージ免許を取得し、改めて営業を開始しました。この技術の普及に講習会を開きましたが、キャンブルー式フェイス・マッサージという名称が難し過ぎるという意見が出たため、日本名では“美顔術”という名称にかえて初めてわが国に登場したのです。
後に兼太郎は改良を加え、“芝山式美顔術”としました。
1906年(明治39年)
文京区湯島4の4に設立された大日本美髪会に参加した芝山兼太郎は、講習部長として技術面の講義を担当。
従来の「技術とは見て覚えるもの」という概念を打破。技術を体系化し、黒板に理論を書いて筆記させた後、実技により習得させました。
この黒板の筆記がわが国の理美容技術学の始まりです。
1912年(明治45年)
芝山兼太郎はわが国初の美顔術及び美顔術に関する著書『実用美容術指針』を出版、業界の教育のための技術書出版に力を入れました。
1925年(大正14年)
横浜市鶴見区生麦町に、各種学校令に基づく許可をとり「芝山美容学校」を開校。 「本校は理美容学校に従事し又は従事せんとする者に必須なる知識技術を授け、併せて国民道徳の涵養につとむるを以って目的とす」という主旨のために設立されたものです。